Pocket

リウマチで足関節に変形が起きて、
歩くのが辛くなってきたというお客様。
 
 リュウマチ
 
フットプリントでも足裏の中央部分
(左のカカトよりつま先より辺り)
に通常だと起こらない強い圧力負担が
起こっています。
 
 
足の骨は28個。
 
 
この骨が1つ1つ筋肉や靭帯によって
支えられているワケですが、
骨の数が多いため手や足は
強い変形が起こります。
 
手の変形もモチロン辛いものですが、
足の変形の際には『履物』という
道具を使わなければ外を歩く事も
ままならないので、よりお悩みが
深いものだと思います。
 
 
靴としてはなるべく骨格を
しっかりと強くサポートをしつつ、
当たっても痛みが起こらない事が理想ですが、
 
・骨格のしっかりとしたサポート

・当たっても痛みが起こらない
 
という作用では相反する特徴を
もっているため両立しにくいのが現状です。
 
 
通常ですと、骨格のしっかりとしたサポートを
最優先して靴選びをするのがベストです。
 
 
ですが、リウマチのケースの場合には
変形の度合いにもよりますが、
当たっても痛みが起こりにくいように…
という靴選びになる事も多々あります。
 
 
そんな中で、変形が悪化しないように
するためには、やはりオーダーインソールが
とても大切になってきます。
 
 
足を包み込む機能が弱い靴だと、
足裏からのしっかりとしたサポートも
弱まるのですが、オーダーインソールを
装着しただけでもバランスはかなり
良くなります。
 
 
歩くのが少しでも快適になり
健康力を高めていけるように
お足元からお手伝いさせて頂きます。