Pocket

「色々試してみるけれど…靴が合わないので
もうオーダーで靴を作るしかないのかと
思ってます…どうでしょうか?」
 
 
そんなご相談とても多いです。
 
オーダー靴
 
まずはオーダー靴について簡単にご説明します。
 
 
靴を本格的にオーダーで作る…
という事は大まかには…
 
・木型を作成する(その為に細かに採寸)
 
・靴のデザインや素材を決める
 
・仮縫い状態で補正
 
・最終仕上げたものを微調整
 
といった手順を踏みます。
 
 
因みに木型から作成するオーダー靴の
お値段は15万程度〜が相場です。
 
 
この段階でも勘の良い方はお氣付きの通り、
細かに採寸し、自分専用に作成した木型ですら
補正やら微調整が必要!という事です。
 
 
足のサイズは大人になったら変わらない〜
と思って「私は〇〇cmの靴です!」
という風に靴を購入されてる方も
多いのですが、 足はメチャメチャ変わります!!!
 
体型と同じく変化いたします!!!
 
 
1日ハイヒールで歩いただけでも
足裏はコリコリになりますし、
そのまま放置すればムクミが定着します。
 
 
なので、オーダーといえど履き始め、
履いて少し経って…など微調整が必要です。
 
 
更に
オーダー靴の職人さんは
何を目的にした靴制作が得意で
どういう靴を作る方なのか?
 
ココとても重要です。
 
 
オーダー靴=自分の足に合わせてる
ワケなので全てにおいて自分に良い!
というのは大きな誤解です!
 
 
靴として何を重視して作るか?
 
 
オーダー靴の魅力になるポイントは大きく2つ。
 
1 デザインを個性的にできるのが魅力でオーダーする
 
2 普通のサイズだと入らないので
  特注が必要なのでオーダーする
 
この2つがメインの理由なら
靴のオーダーは満足度高いと思います。
 
ですが、
 
合う靴がない!
もう靴をオーダーするしかない?
お値段高いのは辛いよね〜
市販の靴が履けるならそっちが良いのに〜
 
と思っている方で
 
・踵の靴ずれが起こる
・外反母趾・内反小趾の部分があたって痛い
・足の形が特殊と言われた、実際靴選びに苦労している 
 
という方なら市販靴の調整&
オーダーインソールの方が
満足度高いケースがとても多いです。
 
何しろ大手メーカーは次々生まれる
新しい機能性の高い素材や縫製技術で
靴を作成します。
 
 
デザイン重視ならオーダー靴しかないかな…
というケースは多いですが、
機能性重視なら市販靴にオーダーインソール
はかなりの可能性があります。
 
因みにオーダー靴だとしても、
アーチサポートとなるインソールは
別の技術ですので、足裏のサポートを
しっかりさせる必要がある方には
オーダー靴に(オーダー)インソールが
別途必要になります。
 
 
靴とインソールの関係性は、
メガネに例える事が多いのですが、
 
・メガネフレーム=靴
 
・レンズ=インソール
 
の関係性です。
 
 
オシャレなメガネフレームだけで、
視力が変わらないのと同じように、
靴の機能性だけで足裏のサポートは
完成しないのです。
 
 
インソール…やっぱり超重要ですね!!