ふくらはぎに筋肉と脂肪が付き太い!理由と痩せる方法

ダイエットのためにウォーキングを始めたら、ふくらはぎが太くなってしまった……。

そんな声を聞くことがあります。

またカラダは細いのに、下半身が太め、足が太めでお悩みの方もいらっしゃいます。

 

なぜ、足が太くなってしまうのでしょうか。

 

その理由のひとつに足裏の不安定さがあげられます。

 

例えば、ゆるめの靴やスリッパで歩いているところを想像してみてください。
無意識のうちに、靴が脱げないように足の指を浮かして歩いていませんか。

この状態だと、カラダの体重は足裏全体ではなく、足指の付け根と、かかとの2点にかかってしまいバランスを取りにくい形になっています。

そこでその不安定さを、補うように、ふくらはぎや太もも、すねが発達。
筋肉と脂肪が付いてしまうのです。

 

足に合う靴を履いている場合でも、外反母趾や偏平足など足に何らかのトラブルを抱えている場合は、やはり足指の踏ん張りがきかない状態で歩いているので、ふくらはぎなどの筋肉が発達します。

 

つまり、スラっとしたしなやかな美脚を手に入れたいと思ったら、ふくらはぎやすねに負担がかからないようにしなくてはいけません。

 

そのために、まずは「足に合う靴」を選びましょう。

 

足のサイズや形は人それぞれ。残念ながら万人に合う靴というのは存在しません。
クイスクイスでもお客様の足の状態を拝見し、靴選びのアドバイスをおこなっています。
店によっては、シューフィッターと呼ばれる靴選びのプロがいる場合があります。
どんな靴が自分に合うのか分からないという方は、一度相談してみるのもいいですね。

 

次に、足裏のバランスを整えましょう。

 

足指を使って歩けるようにすることが大切です。

過去に浮指対策法として紹介していますので、参考にご覧になってみてください。

浮き指は諸悪の根源!

現代人のための浮き指対策方法

では、現代人はどうしたらよいのでしょう?

◆一つの答えとしてクイスクイスは、足指を使う機能を最大限に発揮できる
インソールを開発しました。
アスファルトを歩くことは避けられないので、
靴の中に足指が自然に近い運動をできる環境を作ろうという仕組みです。
実際に足指の踏み込みができるようになった人たちは
浮き指からくる様々なトラブルから開放されてきています。
最初は足裏が痛くてインソールを作って見たところ、
腰痛や便通まで整うというお声は日常的にいただくお声です。

◆5本指のサポーター機能がある靴下もとてもお勧めです。

◆室内では足半(あしなか)と言われる草履を半分にしたような履物を履くこともお勧めです。

◆足指の関節を動かすストレッチやマッサージ、また足裏の土踏まずを割と強く
マッサージすることもとても有効です。日々のダメージで蓄積してしまう
足関節の老廃物除去に役立ちます。

◆環境が許すなら、土や草の地面を素足で歩いてください。

◆子供なら、素足で泥んこ遊びなどはとても良いです。

気になっている方は、今日から実践して、大根足、ぞうさん足から、卒業しましょう。

ご相談などおうかがいできることもあるかと存じます。
何かありましたら、遠慮なくお問い合わせください。