Pocket

こんにちは!足裏コンシェルジュの宮地ヒロコです。

数多い足のお悩みの中でも有名な足トラブル…といえばやはり外反母趾です。

・ハイヒールを履くと外反母趾になる
・母も祖母も外反母趾だから遺伝的にしょうがない
・外反母趾は一度なってしまえば治らない

そんな噂もチラホラ。

何が正しい知識なのか不安に思っている方も多いものです。

・外反母趾になってしまったらどうしたら良いのか?
・外反母趾にならないためには?

そんな外反母趾に対しての疑問質問にお役立ていただければと思います。

 

◆外反母趾ってどんなもの?

外反母趾は親指の付け根部分の関節が飛び出したようになり、親指の方向が外側(小指側)に変形してしまう足のトラブルです。痛みが強いケースも多く、指の付け根に赤い腫れ(バニオン)を併発するケースも多くあります。ですが、外反母趾の場合、変形が起こり始めている頃に痛みが強いケースが多く、強い変形が起こっていてもあまり痛みを感じないケースも多いです。

悪化すると、関節が亜脱臼した状態になり、親指以外の第2趾なども付け根部分で脱臼し親指の上に乗ってしまったり、逆に潜り込んだりするケースまであります。

◆なぜ、外反母趾になるの?

まず、外反母趾になってしまう一番の要因をズバリお答えするなら、「横アーチの低下」です。
横アーチとは、足裏にある3つのアーチのうち特に親指付け根と小指の付け根にかけての持ち上がり構造です。

この横アーチが低下してしまう原因はザックリ分けると4つ。

・靴などのせいで体重が前に集中すること

これはハイヒールなどが一般的です。靴自体が滑り台のように足を前に滑らせてしまうため、指の付け値部分に体重が集中して、横アーチがつぶれることから外反母趾になってしまうケース。

・運動の癖などで指の付け根を圧迫しすぎること

スポーツの大半は前体重を基本として行うことが多いのですが、特にマラソンなど走る際に走法でピッチ走法を取るなどストライド(歩幅)を広く取る走りの場合には指の付け根部分も含めて地面を蹴りだす動作が強く働きます。その際に横アーチを保持する筋力よりも蹴りだす圧力が強くかかりすぎる場合に横アーチ型持ちきれずに潰れてしまい外反母趾になってしまうケースです。

・浮き指によって指の付け根の関節が反っていること

運動の癖…の負荷が弱いバージョンでもあるのですが、現代人の多くは足指を支えていません。足指は横アーチを引き上げる最も重要な働きになっているのですが、平すぎる地面、硬すぎる地面を普通に歩くだけでは指の踏み込みができていません。そのため徐々に浮き指となり、指の付け根の関節が下向きに動きにくくなってきます。そのことで、横アーチは著しく低下してしまい外反母趾の一番の原因にになってしまうということです。

・体重増加などで足指付け根の負荷が増えたこと

本来であれば横アーチを支える筋力があったはずの方でも、急な体重増加などがあるとアーチを支えきれずに潰れてしまい外反母趾になってしまうケースもあります。

もう一つは外反扁平足からくる外反母趾です。

外反扁平足というのは、踵の骨が内側に倒れ込むような状態になってしまい、土踏まず(内アーチ)が潰れてしまいます。更に、外反母趾部分、指の付け根が飛び出してきてしまう症状です。

踵の骨が内側に倒れこむことを防ぐためにも、指の踏み込む力がとても重要になります。

 

◆外反母趾についての都市伝説は本当?

・ハイヒールを履くと外反母趾になる

➡︎確かに、ハイヒールを吐き続けていると体重が足指の付け根部分に集中しやすくなります。すると、横アーチが自然と潰れてしまうため、歩き方に少しでもひねりが加わると、足の関節が容易に飛び出してしまうようになってしまいます。

ですが、ハイヒールだけが外反母趾の原因では決してありません。

ペタンコの靴しか履かない方も、横アーチがつぶれるような歩き方、また潰れてしまう筋力しか付けれていないなどで、外反母趾になってしまうので安心できません。

 

・母も祖母も外反母趾だから遺伝的にしょうがない

➡︎外反母趾になりやすい骨格や筋肉の質、筋肉の長さなど、確かに遺伝的な特徴としてあるのも事実です。

ですけれど、同じ遺伝的特徴を持っていてもしっかりと足元を整えることで、外反母趾になりにくくすることもできます。

 

・外反母趾は一度なってしまえば治らない

➡︎外反母趾もある種の「足の生活習慣病!」というのが足の専門家としての、私の持論です。

ですので、外反母趾になる生活習慣を改めて、日々足にとって良い生活習慣に切り替えていただくと、驚くほど外反母趾の辛さから解放される!というケースをたくさん目の当たりにしてきました。

ただ、何十年もかけて「外反母趾になる生活習慣」を積み重ねてきたわけですので、すぐに治る!んですか!?という期待にはお応えできないと思います。手術で骨を削るなどの手段もありますが、レントゲンではまっすぐになった足がずっと突っ張ったように痛む…というようなケースもあります。

なるべくなら体にメスを入れないでいられるよう「足元の生活習慣」改善をまずはお試しいただくのが一番オススメです。

 

◆外反母趾の対策をやって悪化した!?やってはいけない対策とは?

外反母趾の状態には幾つかの種類といいますか、段階のような物があります。

その中でも、親指が内旋(ないせん)しているケースでタオルギャザーという運動を行って悪化させる方が多いのが目に付きます。

親指は手の指と同じく、もともとその他の指と合わさって何かものを挟むために関節のつき方が内旋しやすい状態です。これは猿が木に登る時にはとても役にたつ骨格だったと思います。

ですが、地面をしっかり踏ん張って歩く際にはこの親指の内旋は不要なものです。

内旋し始めている(親指の爪が地面に平行ではなく倒れてきている)状態ですと、タオルなどを引き寄せる際により内旋への力を加えてしまうことになるため、よほど注意して行わないと「外反母趾に良いと思って…」というトレーニングで悪化させてしまうという残念な結果になってしまいます。

 

◆外反母趾を防いで、少しずつよくする方法

❶トレーニング

・親指をまっすぐにした状態で、30秒間ぎゅっと親指先端に力を込めます。

イメージ的には鼻緒を親指と第2趾でつまむような感じです。

・足指シャクトリムシ運動30秒

足指の力だけで、シャクトリムシのようにして前進します。最初は30秒程度頑張ってみて、可能なら1分半を目指してやってみましょう。テレビのcmのたびにやってみる!というのはオススメです。

・足指付け根関節ほぐし

足指の付け根の関節(MP関節)を下向きにしっかりと折り曲がるように足指一本一本を丁寧に押し曲げながらマッサージします。また、足の甲の側から手の指を足指の間に入れて握ることでもMP関節の可動域を広げる役に立ちます。

❷サポーター&テーピング

テーピングも覚えてしまうとかなり効果的に活用いただけます。

ご用意いただきたいのはキネシオロジーテープという伸縮性のあるテーピングテープです。3.7cmの幅のものが使いやすいです。まず3種類のテープにかっとします。

一本目は親指の内旋をしっかりとまっすぐにします。

二本目のテープで、外反している親指をしっかりとまっすぐな方向に向けます。

三本目のテープで、落ちてしまった横アーチを引き締めます。

たったこれだけですが、外反母趾にはとても効果的かと思います。

ただ、テーピングの弱点として皮膚がかぶれる…ということも多いのが悩みどころです。

そんな時には中足骨を引き締めるサポーターが重宝します。

テーピングほど細かにサポートするわけではないのですが、毎日の生活の中ではストレスなく「継続できること」が何より大切なため外反母趾対策の強い味方になるかと思います。

❸履き物を変える

・靴はやはりスニーカータイプのひも靴がベストです。中足骨という骨をしっかりとサポートできるようにひもを縛れることがとても重要です。また、インソールで3つのアーチをしっかりとサポートすることで低下してしまったアーチをサポートできます。

・室内での履き物にも注意が必要です。

普通のスリッパは足指を動かさない作りになっていることがほとんどです。

鼻緒付きのわらじタイプの履き物、特に足半(あしなか)と呼ばれる履き物はオススメです。

 

◆足本来の力を引き出す「スペシャルインソール」

◆本格的足裏ケアのためのオーダーインソール