Pocket

「親指の付け根部分が痛い・・・」「指が曲がってきて何だか嫌な予感がする・・・」「そんなに変形していないのに足指の付け根が痛い・・・」
それって、外反母趾のサインかもしれません。ほおっておくと膝や腰にも負担が出てしまうかも。

外反母趾ってどういうものなのか?
キチンと治せる方法はあるのか?普段からできることは?外反母趾に役立つ情報をお伝えいたします。

 

外反母趾とは??

外反母趾とは親指が小指側に変形する症状のことです。
しばしば親指がねじれてしまう症状を伴います。親指付け根部分に痛みが出たり、ひどい場合には親指又は人差し指が脱臼して互の指に重なってしまうこともあります。

外反母趾

「私の外反母趾は治るんだろうか?」

そんな不安を胸にご来店頂いている方が多数いらっしゃいます。

毎日たくさんの方の足の悩みを拝見させて頂き、また、その状態を良くすることを常に学ばせて頂いている中で言えることは

「きちんと対処すれば、外反母趾は手術なしでよくしていける」

ということです。

長年の悪いクセが蓄積して外反母趾になっているケースがほとんどです。

ですので治していくのにはそれなりに時間がかかると思っておいた方が良いです。
後ほど説明しますが、外反母趾は生活習慣病の一つのような捉え方をしたほうが付き合いやすくなります。

ですが、ほとんどの方は、たまたま知った「外反母趾に良い方法」に飛びついてチョコっと試してみるけれど、改善の兆しなどない。。という事で悩んでいらっしゃるように思います。

まず、「外反母趾は治る可能性があるけれど、きちんと対処し続けなければすぐに再発してしまう恐れが大きい生活習慣病!」

くらいに思っておいて頂きたいと思います。

※母指の亜脱臼状態や種子骨が偏位している場合にはかなり難しいですが…、なるべく身体にメスを入れずに治していきたいと思っている方には今までの経験で効果のある方法をお知らせしています。
 

外反母趾フットプリント

外反母趾の原因は?

ついつい結果(症状名)にばかりとらわれてしまいがちですが、それよりも大切なことは原因をきちんと突き止めることです。

そして、その原因をなくすために方法を考えていきましょう。

原因を見誤ると、対策を間違えてしまうので、一般的に「外反母趾におススメ!」といわれている体操や器具を使用しても改善しないばかりか、悪化させてしまっている方がとても多いです。

外反母趾になっている原因は大きく分けると

・靴が悪い

足に悪い靴を履くと、体重移動に悪い癖が出るようになります。
本来動くべき関節は硬くなり、使うべき筋肉は使われない状態になり骨が歪んでいきます。

・歩き方が悪い

歩き方を習わないので、ほとんどの人は自己流で歩いています。
昔の日本人は「作法」や「武術」などの中で歩き方を含む体の使い方を習得していました。
西洋でも歩き方を含む身のこなしは「たしなみ」の一つになっていました。
癖のある歩き方を改善することもとても重要です。

女性 

女性の場合、筋力が少なく柔らかいこと、また出産に備えるために関節が緩みやすいため男性に比べて変形が起こりやすいと言われています。
また、ハイヒールは前足部に負担がかかりやすいため外反母趾になりやすい靴となります。


靴や、歩き方はいくつになってもドンドン良くしていくことが可能です。
一度身につけてしまうと一生ものですので、足の変形が気になる方は是非ご相談ください。

外反母趾の対処方法は?

外反母趾への対策としてとても大切なのは靴と歩き方だと言いました。

その理由は足のアーチです。

足のアーチをきちんと保った状態で歩けることがとても大切です。

そのための靴選びと、歩き方を覚えることをやって頂くと、外反母趾が改善していきます。

・足サイズにあった靴選び

足サイズ似合わない靴を履くと、足のアーチバランスが崩れてしまいます。
特に、横アーチと言われる指の付け根部分のアーチに変形が起こりやすいです。
横アーチをしっかりとサポートするため、ウィズ(足幅)は緩いのは絶対NGです!狭いと痛いので緩ませたものを履きやすいですが、足幅が広い靴は横アーチを崩してしまうため、外反母趾を悪化させる原因になります。
足に合った靴は履いた時の方が靴を履いていない時よりも関節の可動域が広がります。
分かりやすいテストでは、筋肉反射テストや前屈テストなどでチェックして靴を選ぶのも一つの手段です。

・足裏アーチをサポートするインソール

足裏の3アーチのバランスを整えるインソールの使用が足を整えるのにとても重要です。
内アーチだけを持ち上げたインソールなど、部分的なインソールやクッション性が柔らかいインソールは心地よいものの足のバランスを整える機能性は低いものが多いです。3アーチのサポートインソール特に横アーチサポートがしっかりしたインソールは外反母趾の改善にはとても効果的です。

・足のアーチを作っていくウォーキング

体重の移動のさせ方で、使用する筋肉、負担がかかる関節のバランスに変化が出てきます。
悪い積み重ねになるウォーキングですと足には悪影響になります。外反母趾を含む足トラブルをお持ちの方は指をキチンと使えていない浮き指のケースがとても多く見受けられます。
指先で重心をしっかり捉えるウォーキングを習慣にすることで足トラブルは改善しやすくなります。

・足のトレーニング

足指の関節可動域が狭くなっているケースがほとんどです。
そのため、固まっている関節可動域を広げていく運動がとても有効です。
左右の親指に輪ゴムを5本程度引っ掛け、外側に開くトレーニングは簡単でやることでトラブルになる人は少ないためオススメです。
タオルギャザーと言われる、タオル寄せトレーニングは親指にねじれが出ている方が行うと悪化するケースもあります。そのため注意が必要です。

 

外反母趾対処方法で一番気を付けることは?

何しろ「指!!!」です。

得に親指です。

親指がきちんと踏ん張りが利く状態を作ってあげると、外反母趾はどんどん改善していきます。

ただし、外反母趾の方の多くは母指の回内が見られます。
つまり、親指がねじれてしまっていて真っ直ぐに踏ん張れない状態になっている方が多くいます。その場合には、指を使おうとすればするほどねじれるケースもあります。
そのため、母指の回内が強い場合には回内改善のマッサージやトレーニングなどがとても大切になります。

クイスクイスの外反母趾対策とは?

クイスクイスでは外反母趾の方の足を良くしていくために

①まず足の健康状態の分析をします

関節可動域の他、体の歪み、足圧力、歩行分析、靴診断などを行います

②次にその方の日常生活に沿った改善プランを立てます。

例えばお仕事でヒールを履かなければいけないのに、スニーカーで過ごすことは難しい場合なども多々あります。
オシャレが全くできない状態では足が良くなっても幸せとは言えないなら、意味がありませんのでその方にとっての幸せと、外反母趾改善との折り合いがつく部分でご提案いたします。

③普段一番履く靴、又は履いた方が良い靴にオーダーインソールを入れます。

お持ちの靴が足にはあっていないケースもあります。
その場合にはオススメできる型番のシューズをご用意させていただきます。

テーピング、足の調整、足のトレーニングメニュー作成など、を行います。

月に1度程度、「関節サビ取りメソッド 骨骨マッサージ」を行っています。ご参加ください。
 

外反母趾が改善した方の声

【東京都在住 60代女性 清原典子様】

外反改善png

「先生のところに通うまで、外反母趾が痛くて自宅から駅までの道を歩く途中で2~3回じっと立ち止まっていました。靴を見てもらい、インソールを入れて歩くと不思議と痛みがなくビックリしたのを覚えています。
外反母趾になったのは何十年もかけた歩き方や靴が原因だと分かり、ゆっくりでもちゃんと治していこうと思いました。
それで、足の調整とテーピングに通い、今では外反母趾だけではなく、膝の痛みもなくなりました。
健康についての知識も色々教えてもらって、コレステロールの数値もクリアした時は嬉しかったです!きっと毎日の運動と生活習慣を改善した結果だと思っています。

外反母趾が痛くて、高い靴をたくさん買いました。
また、テーピングをしてくれた治療院もありました。でも効果が実感できませんでした。

外反母趾が痛く、また対処方法もわからないととても憂鬱な気持ちになっていました。
ですが、きちんと対処すればドンドンよくなっています。
たまに、サボってしまうと赤くなってしまい、『アレレ、サボったらやっぱり駄目ね。。』と思いますが、何をすればよくなるのか?きちんとわかっているのであわてずまた足と向き合って行けています。

足は何も文句も言わず支えてくれているとても有難いもの!という言葉を言い聞かせながら自分の足をきちんとかわいがって行くのはとても大切な事だと思っています。先生に出会えて本当に良かったです。ありがとうございます!!」

清原様「足を整えきちんと歩いて、健康寿命=寿命に!」にYES!!と言って頂きQUIS BEAR でお写真にご協力くださいました^^感謝!

清原様に受けて頂いたメニュー

⇒オーダーインソール
⇒ワンタッチオーダーインソール
⇒足裏調整・テーピング