指圧代用効果で足もとポカポカのインソール

QUISQUIS (クイスクイス)インソール

足裏コンシェルジュの逸見裕子(ヘンミ ヒロコ)です。

足裏マッサージをしてもらうと、最初はかなり痛みがある場合も多いですが、解されてくるととても気持ち良いですね。

昔から『頭寒足熱』は健康のカナメとして知られていますが、現代人は足もとが冷えている方がとても多いです。

また、体温も低体温になっている方が増えています。

免疫学の権威…安保徹先生のお話をメディカルシフトさまのサイトでわかりやすく紹介されていますので引用させて頂きます。

病気は低体温から始まる

主に、健康な人と病気の人の違いは体温にあるようです。

36.5度の体温がたった1度下がると、免疫力が37%、基礎代謝は12%、体内酵素の働きは50%も低下します。

始まりは、湿疹やアレルギー、便秘や下痢、肩こり、腰痛などそれほど気にもとめない症状でも、低体温が続くとやがて低酸素の状態を招きます。

低酸素により、酸素を使う「ミトコンドリア系」のエネルギー生成が機能せず、糖質を中心とする食べ物を分解してエネルギーをつくる「解糖系」に頼らざるを得なくなり高血糖状態となります。

高血糖は、やがてガンなどさまざまな病気を引き起こします。

足もとを刺激する構造のインソールは、指圧代用器の役割で血流の流れに期待できます。

身体を足もとから温めておきたいものです。