春なのに足が冷えるのはなぜ?ストレスや足裏の問題かも

春は環境の変化も多く、ストレスを感じやすい時期と言われています。
みなさんはいかがでしょうか。

 

もしちょっとストレスがたまっているかもと感じたら、足の指を内側にまげて凹んでいる部分「湧泉(ゆうせん)」のツボを親指の腹でゆっくり押してみてください。
湧泉は万能のツボといわれ、ストレスがたまっているときに押すと効果的だといわれています。

 

そして、手足の冷えもチェックしてみましょう。
ストレスがたまり自律神経が乱れると、血管が収縮し血流が悪くなり、冷えを感じることもあるのだとか。
そんな方は、早めにリフレッシュしたり冷えの改善に取り組んだりできるといいですね。

 

また、暖かくなってきたのに手足の冷えが解消されていないという方もいらっしゃるかと思います。
そういう方は、まず土踏まずをチェックしてみてください。

足の冷えには足裏のアーチが大きく影響することが分かっています。
アーチが落ちた扁平足になってしまうと、足のクッション機能が低下して、血管や神経などを圧迫。
血流が阻害され、冷えにつながってしまうのです。

 

インソールなどでアーチ部分をサポートしてあげると、冷えも改善されることと思います。
ちなみに、クイスクイスのオーダーインソールは、前述の「湧泉」が刺激されるように設計。
冷えにも効果があるとされていて、オーダーインソールを入れた靴を履くと足の体温が上がるという結果も出ています。

参考:足の冷え対策に!湧泉などの足ツボを刺激して冷え解消を期待

 

他に春の冷え対策として効果的なのは、次の2つ。

◆体を温める食事をとる
暖かくなってくると、ゼリーやアイスクリームなど、冷たい食べ物を口にしたくなりますが、これは体を冷やす原因に。
ショウガやネギ、にんにく、ゴボウなどの根菜類や寒い地方で採れる「温の食べ物」を意識してとるのがおすすめです。
ゴマをご飯やおかずにかけて食べるなど、できることから取り入れるといいでしょう。
砂糖は体を冷やすとも言われており、避けた方がベターです。しかし、ストレスがたまるのも良くないので、うまく息抜きしつつ頑張ってみましょう。

 

◆運動で筋力アップ
運動不足は身体の代謝を低下させ、血液の循環が悪くなってしまいます。
筋肉の量が少ないと、熱を生産することができず、体を温めることができません。
1駅分歩く、エレベーターのかわりに階段を使うなど、日常の中でできることから始めてみるのもいいでしょう。
休日に雑巾がけをするのもおすすめです。

 

足のことでお悩みの方は、遠慮なくご相談、お問い合わせください。