甲高(ハイアーチ)の人は、オーダーインソールでサポートを!

土踏まずがない、もしくは低い状態の足は、「扁平足(へんぺいそく)」と呼ばれ、よく知られています。

実は、この逆、土踏まずが高すぎる状態も注意が必要です。
一般に「ハイアーチ」と呼ばれています。

 

もしかしたら「ハイアーチ」という言葉は知らなくても、「私は甲高だから、なかなか合う靴がなくて……」と言う声を聞いたことがある方はいらっしゃるかもしれませんね。
それぐらい足のトラブルとして、よくある症状になります。

 

足の圧力を計測したのが上記の画像です。
本来であれば、一目見て足の形が分かるはずなのですが、こちらの画像は右足、左足ともに2つの島のようになっていますね。
足の真ん中あたりの部分が浮いているため、このような画像(足裏の圧力分布)になっています。

 

足にかかる衝撃を吸収してくれる役目を果たすのが足裏のアーチのはずですが……。
ハイアーチの場合は衝撃吸収能力が低く、足裏の圧力がかかと部分と前足の部分にかかり、負担が局部的になってしまっています。

 

ハイアーチになる原因としては遺伝的なものと、ハイヒールの常用などの生活習慣的なものがあります。

 

引き起こす症状としては、
・ふくらはぎや足の裏が疲れやすい
・圧力集中により「開帳足」になりやすい
・親指や小指に圧力が集中するためタコ・ウオノメができやすい
・外反母趾になることがある
・足指が浮きやすく、バランスを崩しやすい
といったものが挙げられます。

 

開帳足とは、足裏の横アーチが崩れ、甲がベターっと広がった状態を指します。
立ったときと、座ったときで、甲の幅が大きく変わる人は要注意。
甲の幅が広がるということは、横アーチを支えるだけの筋力がないということですね。

 

開帳足になると、親指や小指に圧力が集中し、足裏に角質がたまりやすくなるため、タコやウオノメができやすくなります。
また開帳足と外反母趾は密接に関連しており、外反母趾の患者のほとんどは開帳足です。

 

冒頭にも少し書きましたが、甲高の方は靴選びも大変ですよね。
だまし、だまし、何とか履いている方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、足に合わない靴は症状の悪化を招いてしまうこともあります。

 

ハイアーチの足は、インソール(足底版)でのサポートが可能です。
土踏まずが落ち込むスペースが大きいので、この部分を自分の足に合わせたオーダーインソールでサポートすることで、足裏全体で体重を支えられるようになります。
また前足部分の横アーチを支えることで、開帳足も予防。

 

「私の足、どうかな?」と気になった方は、ぜひ一度ご相談ください。