靴という道具を味方につけろ!

【あなたの靴はあなたの味方ですか?】

スニーカー_R 黒エナメルヒール_R

まず、靴の役割って一体なんでしょう?

①一つには 『足を保護する』 ということ
石ころ、菌、温度・・・靴がなければ、外の環境が全て足に影響してしまいます。

②2つ目は 『足の機能性を助ける』 ということ
わかりやすいのはクッション性でしょうか。靴があることで衝撃を和らげ足自体が持つクッション性をより高めてくれます。

③3つ目は 『ファッション性』
これもとっても大切な要素ですね。因みに世界最古の靴…といわれているのはエジプトのファラオの靴(と言ってもサンダルですが)だといわれています。こちら王様の靴ですから、機能性云々はなく装飾品です。

さて、靴を履く人にとってはこれら3つともとても大切ですよね。
その中で、スニーカーなどの靴は①、②の要素を主に大切にした設計となっていると考えられると思います。
また、ハイヒールなどの靴は③のファッション性を重視した結果ですね。

ひとくくりにスニーカーといっても、クッション性や足運び、上半身への影響など技術的な事がメーカー、ラインナップによってかなり違っています。
使われている素材、製法、木型の種類などなど自分の条件に合った靴を選ぶ必要があります。
ですが大まかに機能性の目安としてお伝えするとすると…靴底は横から見てつま先とかかとがやや上がっている形状のものが歩きやすいです。また、踵側から見て、靴底は台形のように裾広がりになっていると安定感が増します。

ヒールタイプの靴はより選び方が難しくなります。
ファッションだけ!別に足が痛くなろうが指が曲がろうが構いません!という方は別として…(笑)日本人の場合、ヒールを履いた状態でも歩く量が多いといわれていますので、ファッション性だけではない機能性もとても重要だといえます。
靴底の材質にクッション性の優れたものを使っているだけでも履き心地は格段に上がりますし、ヒールの付いている位置がくるぶしの真下辺りに来る物だと安定感が増します。
私だけでなく…多くの女性はきっと自分自身を幸せにすることに貪欲です。是非そうあって頂きたいと思いますが^^その際ハイヒールはかなり足には負担がかかるというのは事実です。履き心地もファッションも取りたいのならオーダーでインソールを作ると格段に履き心地が上がるのはゆるぎない事実です。

履き心地の70%近くは足裏で感じている!という事実をご存知でしょうか?
インソール屋として痛感するのは、足裏をきちんと整えないと靴は半分しか仕上がっていないに等しいという考えです。
地面と唯一接している部分が足裏ですので、足裏に接するインソールを含めた道具としての靴選びがおススメです。

道具として選んだ靴とどう付き合うか?考えてみるのは人生をお得にする一つだと思います。

毎日少なくとも5000回以上繰り返すエクササイズ…それが歩行です。
その繰り返されるエクササイズの質を上げるも下げるもあなた次第。

あなたの靴はあなたの味方ですか?
それともあなたの邪魔をするものになっていませんか?

靴は道具です。
道具は使い方次第。
是非あなたの味方になる道具選び、道具使いを!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。