靴底の減り方をチェック!外側・内側・真ん中・左右に差!?原因と理想の減り方を解説

たまに靴底を見るとギョッとすることはありませんか?

左右で靴底の減り方が違っていたり、外側ばかりがすり減っていたり……。

靴底は、体の歪みや歩き方の癖が出やすい場所です。
以下に代表的な減り方をご紹介しますので、靴底をご覧になりながらチェックしてみてください。

1.靴底の「外側」が減っていたら

カラダの重心が外側に偏っている状態。
O脚やガニ股の人に多い減り方です。
足裏でしっかりと地面からの衝撃を吸収できないので、膝や腰に負担がかかります。
股関節痛に悩む方も多いです。

(参考)
O脚に悩む方必見!O脚の予防と足の形の治し方♪足の歪みを解消して美脚を目指す!
膝痛の原因は足裏に!?O脚、X脚に靴へのインソールのすすめ

2.靴底の「内側」が減っていたら

カラダの重心が内側に偏っている状態。
X脚や内股の人に多い減り方です。
土踏まずがなくなり、偏平足や外反母趾の原因になることがあります。

(参考)
足の過回内(オーバープロネーション)対策
扁平足について
足の痛み:外反母趾の原因と効果的な対策方法

3.靴底の「真ん中とかかと」が減っていたら

猫背の方など、姿勢が悪い方に多い減り方です。
親指側のつま先で地面をしっかりと蹴り出すのではなく、足を振り出すような歩き方をしています。
靴のサイズが合っていないケースもありますので、シューズフィッターがいる靴屋さんで相談してみるといいでしょう。

4.靴底の「左右の減り方に差」があったら

左右のバランスが崩れていることを意味します。
例えば、片方の足だけ内側に力がかかっていたり、左右の足の長さが違っていたりといったケースが考えられます。
この場合は、片方の足により負担がかかってしまう可能性があるので、早めに病院への受診や、専門家に相談されることをおすすめします。

(参考)
脚長差がある方はオーダーインソールで補正
脚の長さが左右で違う時の対処法

5.靴底の「つま先とかかと」が減っていたら

最後のご紹介になってしまいましたが、この靴底の減り方が理想です。
かかとから着地し、足裏全体で衝撃を受け止め、親指側のつま先で地面をしっかりと蹴り出せている証拠。

 

いかがでしたか?

足底はカラダの不調が現れる場所。
健康でいるためにも、定期的に靴底のセルフチェックをしましょう。

正しく歩くことで、正しく筋肉がつき、美しい脚にもつながります。

セルフチェックの結果、心配な点などありましたらクイスクイスまでお問い合わせ下さい。