有痛性外脛骨障害の原因と対策

外脛骨障害

外脛骨障害とは?

外脛骨障害外脛骨障害というのは内くるぶし(青い囲み)の下あたりに存在する過剰骨で、約15%程の人に見られる症状です。画像の赤囲み部分のように、内くるぶしの下にぽこっとした突起が確認できます。特にスポーツ活動が盛んな10~15歳に多く発症します。ただ、30代、40代で発症することもありますが、この場合はねんざなどを含む外傷が起因していることが多いようです。
痛みがない場合も多くありますが、疼くような痛みが出てしまうこともしばしばあります。

有痛性の外脛骨障害になった方の場合自力で症状を改善することはとても難しいです。
また、手術の必要性があることはほとんどないため、3アーチを適切にサポートできる高機能インソールが最も効果的だと思われます。
オーダーでインソールをお作りさせて頂くのが最も確実ですが、足の変形がさほど強くない場合や極端な症状がない場合にはワンタッチオーダーインソールを装着することによりかなり状態が良くなっています。

有痛性外脛骨障害になる原因は?

オーバープロネーション扁平足や、急激な運動負荷、あるいは外傷などが起因し、有痛性の症状へと移行してしまうスポーツ障害の一つだと言われています。オーバープロネーション(過回内)により内アーチがつぶれ、足が内側に倒れこむような状態にり、靴の履き口部分からの圧迫が痛みを増すことも多々あります。倒れこみが習慣化している歩き方だと、バランスの悪化から膝への負担が強くなります。また、徐々に足首が太くなっていきます。併発するこれらのトラブルにも注意が必要です。

外脛骨障害への効果的な対策

整形外科で診て頂くと、過剰骨の手術の必要の有無など適切に診断してくれると思います。

保存療法を行う場合には、縦アーチ(いわゆる土踏まず)をしっかりとサポートできるインソールを使用すること。またクッション性の良い靴を履いて、突起した骨の当たりを緩和することも大切です。テーピングにてアーチの保持を補助的にサポートすることも有効な対策の一つです。
スポーツを行った後、アイシングで患部を冷やすと痛みが緩和します。
扁平足を併発しているケースが多いことやアーチサポート可能なインソールの装着が有効なことからアーチをサポートする筋肉を付けやすくする足の体操も効果的です。

多くの場合、学校に診断書を提示することで指定靴以外の靴着用を認められると思いますが、学校指定の靴の着用などでクッション性の良い靴が選びにくい場合にはローファーなどに柔らかいクッションを付けるサービスなども行っています。お気軽にご相談ください。

 

▶有痛性外脛骨の痛みが再発しない足の仕組みを作っていうオーダーインソール

▶手軽に行える有痛性外脛骨障害対策になる通販可能なワンタッチオーダーインソール

 

☆ご予約ご相談はこちらから

 

【足の痛み対策に…知って得する人気記事一覧】
足の痛み…足の痛みNO1!!外反母趾は横アーチサポートが大切!

足裏の3つのアーチの崩れは、足の痛み、足の疲れ、外反母趾、扁平足、タコ・ウオノメ、足底筋膜炎、開帳足だけでなく、O脚、冷え症、膝痛、腰痛、むくみなどさまざまな形で現れます。また体のバランスを取っているのも足裏です。足の痛みとサヨナラして、足を快適にすることで身体の可能性が広がります。

足の痛みでお悩みの方、足の大切さに目覚めた方はお気軽にご相談ください。

 

『足の痛みを助けるインソール屋さん 東京浅草橋・クイスクイス』

☎ 03-6231-4255   ✉ infoh@nichigen-club.co.jp

“有痛性外脛骨障害の原因と対策” への 1 件のフィードバック

  1. 私は、20175月に有痛性脛骨になりました。まだ私は10歳です。ドッチボールてぶつけて痛くなりました。たまにどこかにぶつけた時、10分のうち2分は、痛いです。そのうち8分は、押すと痛いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。