足の親指の痛みと変形について

足の痛みNo1!! 足の親指の変形は横アーチサポートが大切!

足の親指の変形とは?

外反母趾1外反母趾2 親指の付け根が飛び出し、指が小指側にくの字に変形した状態のことです。
ただし正常な状態でも親指は5~10度ほどは曲がっています。 15~18度だと軽度の外反母趾、20度以上になると重度の外反母趾といわれています。
外反母趾が悪化してしまうと指が重なり、体を支える足がとても不安定になるケースまで出てきます。外反母趾への効果的な対策としてインソールを使用することはもちろん、靴選び、テーピング、足のトレーニングなど当サロンで実績のある内容を含めてご紹介いたします。
ポイントは横アーチ!痛くても痛くなくても足指の変形は体の歪みにつながります。ポイントを押さえてしっかり対策しましょう。

 

足の親指の変形対策には 横アーチのサポートが大切!

【外反母趾対策には 横アーチのサポートが大切】横アーチがつぶれている状態【外反母趾対策には 横アーチのサポートが大切】横アーチをしっかりと作れている状態

手と足の骨格構造はほとんど同じです。わかりやすいように手の骨格でご説明します。

左の画像は横アーチがつぶれている状態…。すると足の幅が広がってしまい、足の親指が変形したり、内反小趾と言う小指側の変形の第一段階が生まれてしまいます。

逆に右の画像は横アーチをしっかりと作れている状態。この状態だと指の踏ん張りがしっかりと利いて、足の幅がきちんと収まっています。

クイスクイスのインソールはオリジナルの構造で、横アーチをしっかりとサポートできるところが一番の特徴です。

★痛い足の親指の変形にもおススメ! 足トレーニングコースって?

クイスクイス オリジナルの足トレーニングは、
① 足の状況を細かに見させていただき
② その方にあった足トレーニングメニューを個別にお作りさせていただきます。

基本的には自宅で15分ほど行うトレーニングですが、月2回浅草橋サロンにて足トレーニングを行います。

普段自分でしっかりケアすることがとても大切ですがついつい自己流になって効果が低い努力をしてしまうことも…。そのため、チェックも兼ねて月に2回サロンでトレーニングを行っています。

 

★足指トレーニングを受けた方のご感想

俊江さま 30代 女性

●足指トレーニングを受けようと思ったきっかけは?
→親指の付け根が痛いのが一生続くと思うと、途方に暮れていたところ、このコースを知って。

●始めたころと比べて変わってきたと思う部分はどこですか?
→外反母趾がまっすぐになってきた!土踏まずができてきた!!足幅が細くなった。小指の内反がなおってきた。足に対する自分の意識、知識が変わりました。

●満足度はどのくらいですか? →とっても満足しています

●このコースをお勧めするとすると?また、足に悩む方へのメッセージをお願いします。
→足に悩んでいるすべての方にお勧めです。毎日の宿題は思ったほどつらくなく、むしろ変化がすごくよくわかるので、楽しくやれました。
できる範囲で宿題が増えていくので、無理なく続けられます。管理してもらうことによりモチベーションが維持できるのもよいです!
3ヵ月は最初は長く思えて続けられるか不安でしたが、足裏コンシェルジュの逸見さんが、根気よく何の知識もないところから少しずつ知識と宿題を出してくれて、本当に一生懸命私の足を改善しようと考えてくれるのがわかって、それがとても嬉しく頑張れました。本当にありがとうございました!!足が痛い方、外反母趾で悩んでいる方はインソールだけでなく、足トレーニングで足を良くしていくことをお勧めしますよ!

※トレーニングは現在終了しています

 

足の親指が変形する原因は?

足の親指の変形になる原因はいくつかありますが、骨格を正常に保つための筋力が不足したり、骨格を歪めてしまう運動や靴を履くことによって足の親指の変形になってしまいます。足の親指の変形と関係が深い筋肉として重要な部分は後脛骨筋(こうけいこつきん)で、この筋肉が弱まることで横アーチ、内側縦アーチがつぶれてしまいます。

また、足の親指の変形と骨格との関係では、踵の骨が外反してしまい骨格の歪みやアーチの低下を促進します。足の親指の変形になる主な原因は一人ひとりの生活パターンや筋力の度合いにより異なりますが、足の親指の変形になる主なパターンをご紹介いたします。

 

【足の親指の変形なるハイヒール原因パターン】

①ヒールの高い靴を履くことで体重負担が指の付け根部分に集中します。すると横アーチが保持できずつぶれてしまいます(開帳足)。

②つぶれた状態で先の細めの靴を履くと指先が圧迫され、足が外反母趾形状に変形していきます。

【足の親指の変形になる筋力低下パターン】

①交通機関の発達や日常的な運動の不足により、アーチを保つべき筋肉量が低下してしまいます。

②すると横アーチが低下してしまい足の親指の変形形状への変形が起こります。

※良くある悪化の原因は、親指付け根部分に靴が当る事を避けるため幅広の靴を履き、より開帳足を促進してしまうパターンです。足の型崩れを防ぐためにもなるべく骨格を的確に保てる靴を選びましょう。靴選びに関しての情報をご参照ください。

 

足の親指の変形への効果的な対策

【足環境を整えて足の親指の変形対策】

足の親指の変形に効果的な横アーチをサポートするインソール…骨格を的確にサポートし、歪みや癖を取りながら必要なアーチを的確に持ち上げることで足の親指の変形への効果的な対策になります。

●靴選び…靴選びのポイントを押さえて足への負担を軽減できる靴環境を作ります。

【足の親指の変形に効果ある筋力を上げる】

●足指を動かす運動や、踵の上げ下げで筋力アップします

●適切な足環境を整え、ウォーキングにより下半身の筋肉を全体的に鍛えましょう。