扁平足について2

扁平足について

扁平足とは?

021.jpg020.jpg

【扁平足の方】            【通常の足】

扁平足とは内側縦アーチといわれるいわゆる土踏まず部分が低下してしまっている状態です。一般的には写真のように、足裏がべたっとついてしまう状態ですが、オリンピック選手級のアスリートの中には外観上扁平足になっているけれど本当は扁平足ではない…というケースもあります。陸上の為末選手などは有名ですよね。こういうトップアスリートの方はものすごくハードなトレーニングをすることで通常外観からも見て取れるアーチ部分にも筋肉が付いて、一見すると扁平足のように見えます。
扁平足かどうか本当に測定する場合には外観では測定できず、舟状骨と呼ばれる足の甲の骨が下がっているかどうかで判断します。ただ、一般の方の場合ですと、極端なトレーニングをしていることはほとんどないため外観上の扁平足を扁平足と判断して差し支えないかと思います。
扁平足は病気というわけではありませんが、アーチには、足裏の衝撃を吸収する…という役割があるので、扁平足になってしまうと、クッション機能を十分に発揮できないため、足が疲れやすく、瞬発力が出せないなど訴えられる方が多いです。

扁平足になる原因は?

扁平足は、アーチを形成する筋肉や靭帯が弱ってしまい、それに伴い骨格も低下しているケースと、遺伝的な要素があります。遺伝的な要素の場合大きく分けると、平地で過ごしていた民族には扁平足が多く、山岳地域で過ごしていた民族にはハイアーチが多いなどの特徴があるようです。移動手段としての足が環境に応じて変化したと言われています。

効果的な対策は?

扁平足は原因が遺伝的なものにしろ、筋肉が弱っているのが原因の場合にしろ、足が疲れやすい…というデメリットを持っていることに変わりはありません。また、現代社会のように、アスファルトの硬い地面を靴を履いて歩く環境で過ごす場合、アーチによるクッション機能はとても重要な役割を果たしています。

①まずは適切な靴選びをし、なるべく多く歩いて頂くことでアーチを構成する筋肉を鍛えることが大切です。筋肉を鍛える場合、足指がしっかり使えることがアーチにとってとても重要となりますので、5本指のソックスをはいていただいたり、足指じゃんけん、足指尺取虫移動などの運動もとても効果的です。

②また人工的に理想的なアーチ構造を持ち上げるインソールは疲れの軽減につながったり、バランスを取りやすくなる、心地良いので歩く歩数が自然と増える…など良い面が多々ありますのでやはりお勧めです。

【足の痛み対策に…知って得する人気記事一覧】
足の痛み…足の痛みNO1!!外反母趾は横アーチサポートが大切!

足裏の3つのアーチの崩れは、足の痛み、足の疲れ、外反母趾、扁平足、タコ・ウオノメ、足底筋膜炎、開帳足だけでなく、O脚、冷え症、膝痛、腰痛、むくみなどさまざまな形で現れます。また体のバランスを取っているのも足裏です。足の痛みとサヨナラして、足を快適にすることで身体の可能性が広がります。

足の痛みでお悩みの方、足の大切さに目覚めた方はお気軽にご相談ください。

『足の痛みを助けるインソール屋さん 東京浅草橋・クイスクイス』

☎ 03-6231-4255   ✉ infoh@nichigen-club.co.jp