足底腱膜炎の原因と対策

足底腱膜炎について

足底腱(筋)膜炎とは?

足底腱膜炎.png

足底腱(筋)膜に過度の負担がかかることで炎症を起こしている状態です。痛みの状態は図のオレンジ部分に好初します。朝起きて立ち上がる際に痛みが増すことが多いです。日中は痛みがやや軽減しますが、負荷がかかるとまた痛み始めるのが特徴です。

足底腱(筋)膜炎の原因は?

ランニングやジャンプなど、瞬発力を要する運動を繰り返し行うなどして筋肉に疲労が蓄積することや、扁平足の方は足底筋が疲労しやすいこと、ハイアーチの方では、内アーチ部分に振幅の幅が大きすぎ、日常生活でも疲労が蓄積することで炎症がおこります。ヒールを履く女性などもつま先立ちの状態でアーチ部分に継続的な緊張を強いられるため炎症を起こすケースがあります。足に合わない靴が原因で足底筋に余分な負荷をかけている場合もあります。

効果的な対策

激しい運動が原因の場合には運動を一時中断し、炎症が治まるまで安静にします。血流促進のための軽いマッサージなども効果的です。また、アーチ部分を適切にサポートすることで足底筋の負担を軽減できるため、インソールをお作りすることで炎症を繰り返さないよう対策できます。日常生活でも起こる場合には、適切な靴選びとともにインソールによるアーチサポートが効果的です。