足は親指、
手は小指 

サボりがちな社長ブログですが、なるべく毎日更新を目指します。
事務所にある日めくりカレンダーですが、私の合気道の恩師菅沼守人師範が作られています。
毎朝めくるたび耳が痛い思いをしたり、背中を押されたり、ちょっと一息つかせてもらったり・・・ととても力づけられています。
そんな素敵な言葉と書です。
ふと疑問に思ったんですけど、日めくりカレンダーって日本オリジナルなんでしょうか?海外ではあまり見かけない気がしたので・・・。

合気道ってご存知でしょうか。簡単に言うと護身術です。
基本的に攻撃はありませんし、試合もありません。
今はじめたばかりの初心者も何十年もお稽古を積んだ大先輩も「技をかける、受身を取る」ということを交代で行います。
老若男女問わず自分のペースで自分を磨く作業なんだと思います。

合気道では、「足は親指、手は小指」といい足の親指付け根辺りの踏ん張りる力はとても大切だと言われています。
クイスクイス のオーダーインソールは、母指球という親指付け根部分から親指にしっかりと力をこめられるようお作りするところが特徴の一つです。
踏ん張りが利くということは身体の土台がしっかりと安定することになるため色々と体調にも良い影響を与えると言われています。