美しく健やかってどういうこと?

美しく健やかってどういうこと?

クイスクイスは美しく健やかな足元にをお客様にご提供できるよう頑張っています。でも「美しく健やか」と言う言葉は人によって捕らえ方にかなり差がある言葉だと思います。今日はクイスクイスが考える「美しく健やか」についてお話します。

どうして「美しく健やか」を目指したいと思ったのかと言うと・・・
知人の女性でとても素敵な方がいます。その方にお子さんができたとき、「どんな子供さんに育ってもらいたいですか?」と質問すると「良い人間関係を築ける人が幸せだと思うから、人に愛される人になってもらいたいわ」とおっしゃっていました。

人に愛される要素は様々だと思いますが、私が考える愛される人って 清潔感がある。美しい。頑張ってる。ブレない。礼儀がある。がベースにあってさらに 楽しい人。ユニークな人。などが愛されている人なのではないか・・・と思います。

書き出してみるとどれも割りとシンプルな要素だけれど自分自身で常にその状態を保とうと思うと中々難しい・・・と言うのが正直なところです。なぜかと言うと元気な時にはなんてことはないことですが、ちょっと体調が悪い・・・疲れちゃった・・・と言う時には「まぁいっか」となりがち。なら元気でいられるようにするにはどうしたらいいのかな?と考えるのは凄く大切なことだと思います。前置きが長くなってしまいましたが、「美しく健やか」な人は愛される!そんな一人ひとりのハッピー環境作りのお手伝いができるのは凄く嬉しいことだと思ったんです。因みに 愛される=成功する と定義しても、ありなんじゃないかと思っています。

「健やか」を保つのに大事な要素は大きく分けて3つ。出す・入れる・廻らせるです。
1つ目の出すですが、ポイントは5つ(合気道の先生に教わったのですが「ゴスイの法」というそうです。すみません漢字は記憶が怪しかったのでカタカナです。。)
声を出す、息を出す、汗を出す、大・小便を出す、精を出す のが大切だそうですよ。
2つ目の入れるは
空気、水、食物  などです。
3つ目の廻らせるは
血液、栄養、エネルギーなどを廻らせることです。

ウォーキングで息や汗を出し、美味しい空気を取り入れながら水分補給し、身体の循環をよくすることができるので、身体に良い運動の代表なのも頷けますよね。寒くなってきましたが季節の移り変わりを楽しみながらウォーキングを続けてもっともっと「美しく健やか」になりましょう!