変形性膝関節症のお客様から喜びの声!

変形性膝関節症のお客様から喜びの声!

最近増えている「変形性膝関節症」をご存じでしょうか?主な原因は
①年齢に伴う筋力の低下
②体重の増加による膝関節への負担増
③特定の運動やO脚など足の変形による軟骨のすり減り
などとされていますが、根本的な原因はまだはっきりとしていないようです。整形外科などでは鎮痛剤、抗炎症剤などの内服薬や外用薬、ヒアルロンサンなどの注入、筋力UPのための運動指導などが一般的に行われています。
特に50代以上の女性に多いのは、筋肉が弱いことと、関節面積が男性に比べ狭いため面積あたりにかかる負担が大きくなってしまうことが原因だと言われています。

O脚など軟骨がすり減りやすい外的要因を伴うことで悪化しやすくなりますので、靴のすり減りを観察し、外側が極端に減る方などはなるべく関節面を平行に保つため、インソールによる対処も効果的だと言われています。

クイスクイスにも変形性膝関節症と診断されたお客様が来店され、O脚対策になるよう外アーチを高く調整させて頂くインソールをお作りさせて頂くことがあります。日本人の場合どうしても正座をする習慣がありますので、O脚になりやすい傾向があり、お悩みの方は本当に多いです。

先日もO脚もひどく、膝関節症と言われ整形外科のお医者様から「インソールを作ってもらったら?」と勧められて…とお客様が来店されました。膝に痛みがあるため〝かがむ〝動作がしにくく、つい靴も紐を緩めていらっしゃいましたが、シューレースストッパーという紐結びが簡単にできる器具とインソールをお使い頂き、その後とても調子が良いとお葉書を頂きました。

膝の痛みなどはすぐに良くなる…というものではありませんが、膝への負担がかかりにくくする環境作りはとても大切だと思います。靴の履き方、インソールなどの道具を活用し、筋力を付け歩ける状況を作っていくのはとても大切ですね。

【足の痛み対策に…知って得する人気記事一覧】
足の痛み…足の痛みNO1!!外反母趾は横アーチサポートが大切!

足裏の3つのアーチの崩れは、足の痛み、足の疲れ、外反母趾、扁平足、タコ・ウオノメ、足底筋膜炎、開帳足だけでなく、O脚、冷え症、膝痛、腰痛、むくみなどさまざまな形で現れます。また体のバランスを取っているのも足裏です。足の痛みとサヨナラして、足を快適にすることで身体の可能性が広がります。

足の痛みでお悩みの方、足の大切さに目覚めた方はお気軽にご相談ください。

『足の痛みを助けるインソール屋さん 東京浅草橋・クイスクイス』

☎ 03-6231-4255   ✉ infoh@nichigen-club.co.jp